オンラインカジノは違法?合法?日本の法律から見た安全性を解説!

オンラインカジノと聞くと、「えっ?日本でカジノは違法じゃないの?」と心配になりますよね。

ですが、実際に日本人でオンラインカジノをプレイしている人は、既に100万人近くいると言われています。

では、日本の法律においてオンラインカジノは違法ではないのでしょうか?

ここでは過去の裁判の事例などを踏まえ、詳しく解説したいと思います。

大切なことですぞ。よく心得ておきましょう。

 

オンラインカジノは違法でも合法でもない

まず結論から言ってしまうと、オンラインカジノは違法とも合法とも言い切れない、いわゆる「グレーゾーン」です。

そもそも日本では賭博そのものが違法ですから、例えばパチンコなんかも無理やり「ギャンブルではなく遊戯」と言い、何故か三店方式が成立しているだけで、完全にグレーゾーンですよね。

ですが、日本でもたまに裏カジノが摘発されたニュースが流れたりしますよね。

オンラインカジノについては、摘発される心配はないのでしょうか。

海外企業が合法的に運営しているから大丈夫

オンラインカジノを運営しているのは、政府の正式なライセンスを取得した海外の企業です。

海外で合法的に運営されているサイトなので、当然日本から摘発されることはありません。

では、日本人がオンラインカジノをプレイすること自体は、違法に当たらないのでしょうか。

ネットに関する法律がない

日本でカジノをやるのは違法ですが、日本人が海外でカジノをプレイするのは合法です。

それは、カジノがあるその国の法律が適用されるから当然ですよね。

日本でオンラインカジノをする場合、問題となるのが「日本の法律」と「海外の法律」のどちらが適用されるかです。

日本にいるのだから日本の法律が適用されそうにも思いますが、お金の動き(ギャンブル)自体は海外で行われていますよね。また、外国人が日本に滞在中にオンラインカジノをやったらどうなのか、など難しい要素が多いです。

オンラインカジノに限らず、日本ではインターネットに関する法整備がなかなか進んでいません。

そのため、現状はパチンコなどと同じく、合法でも違法でもないグレーゾーンという扱いになっています。

過去には逮捕者もいる?

オンラインカジノはグレーだと言いましたが、実は過去に一度だけプレイヤーの逮捕者が出たことがあります。

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

引用元 ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警-産経WEST

2016年に、スマートライブカジノで「ブラックジャック」や「ルーレット」などのライブゲームをプレイしていた男性3人が逮捕されました。

この事件で逮捕された理由は、ディーラーを日本人女性が務めており、日本語で会話していたことで、明らかに日本人専用のゲームだと判断されたことでした。

しかし不起訴(無罪)に

逮捕された3人のうち、2人は裁判なしの略式起訴を受け入れ、20万円以下の罰金を支払いました。

しかし残りの1人は弁護士を付け、裁判で争う姿勢を見せました。

その結果、検察側が裁判で勝つのは難しいと判断し、最終的に不起訴(無罪)という結果になりました。

不起訴となった理由として、そもそも賭博行為の違法性を認めるには、胴元であるカジノ側とその利用者が共に検挙される必要がある「対向犯」の前提があり、「カジノ側を放置して利用者だけを有罪にすることは出来ない」という弁護士側の主張が考慮されたものと考えられます。

対向犯とは、例えば収賄罪のように「渡す側」と「受け取る側」の両方の共犯があり初めて罪になるものです。賭博に関しても、よく対向犯の概念が適用されます。

カジノ自体は海外で合法的に運営されているため、日本の法律でカジノを裁くことは困難です。

オンラインカジノ側を有罪にできない以上、その利用者であるプレイヤーを一方的に裁くことは出来ないことが、結果としてこの判例から証明されました。

摘発されるリスクは少ない

スマートライブカジノ事件で不起訴という判例が出たことで、検察側としても合法的なオンラインカジノやユーザーに対して手が出せなくなりました。

これにより、今後大きく法律が変わりでもしない限り、摘発される可能性は極めて低いというのが既成事実となっています。

とはいえ、日本人ディーラーのライブゲームや、日本人しかプレイしていない環境は念のため避けたいところですね。

無いとは思いますが、日本にサーバーがあるオンラインカジノや、正式なライセンスのない海外の怪しいカジノは完全にNGですので注意して下さい。

IR(カジノ法案)で合法化の動きへ

2016年12月に、統合型リゾート(IR)整備推進法案(カジノ法案)が成立しました。

ギャンブル依存症の問題や、治安の悪化、マネーロンダリングなどへの懸念から、まだまだ慎重になってはいますが、政府としては着実にカジノ解禁へ向けて動いています。

日本でカジノが解禁されれば、オンラインカジノも正式に合法化されるでしょうし、現在の流れでオンラインカジノへの規制が厳しくなる可能性は少ないでしょう。

すでに100万人の日本人ユーザーがいることを考慮しても、オンラインカジノは安全性の高いギャンブルだと思います。

ただ、それでもグレーゾーンには違いないので、どうしても不安な人は正式に合法化されるのを待つ方が良いでしょう。

「これだけ安全ならプレイしてみたい!」という人は、当サイトで安心して遊べるオンラインカジノをまとめていますので、参考にしてみて下さい。

日本の人気オンラインカジノランキング【2021年】安心して遊べるオンカジを厳選紹介!
オンラインカジノを安心して遊ぶには『どこに登録するか?』がとても重要です。人気のないマイナーなカジノの中には、無許可...

タイトルとURLをコピーしました