テキサスホールデムポーカーのルールを日本一わかりやすく解説!

「テキサスホールデムポーカーが面白い」ってよく聞くけど、ルールが難しそう。

日本のポーカーとは何が違うの?

テキサスホールデムは、少し難しそうなイメージがあるかもしれませんが、やり方さえ覚えれば、実はとても面白く、奥が深いゲームです。

ここでは、テキサスホールデムポーカーの基本的なルールを、初心者でも分かるよう簡単に解説していきます。

リアルマネーで遊べるポーカーアプリはどれ?換金して稼ぐ方法!
リアルマネーを賭けて遊べるポーカーアプリを知りたい。実際に換金・出金できるアプリは日本にあるの?スマホやPCで、リア...

 

テキサスホールデムポーカーとは

テキサスホールデムポーカーとは、その名の通りアメリカ合衆国テキサス州で1900年代初頭に生まれたカードゲームです。

日本でポーカーと言えば、それぞれのプレイヤーに5枚ずつカードが配られ、役の強さで勝負する5ドローポーカーが有名です。

それに対しテキサスホールデムポーカーは、各プレイヤーに2枚、テーブル中央に5枚のカードを配り合計7枚のカードを使ってプレイします。

アメリカなど海外では、ポーカーの大会がテレビ中継されており、子供の憧れの職業ランキングにプロポーカープレイヤーが入るほど絶大な人気があります。

日本の麻雀に近い

ポーカーは運の要素が強いゲームだと思うかもしれませんが、実際は読みと確率、そして戦略が非常に重要となるゲームです。

そういう意味では日本の麻雀をイメージするのが近いかもしれません。

普通のカジノとは違い、プレイヤー同士の対人戦なので、実力さえあれば本気で稼ぐこともできます。

実際に、日本でも海外でもプロとして活躍し、何億円も稼いでいるプレイヤーがたくさんいます。

テキサスホールデムは麻雀が好きな人なら、確実にハマるゲームだと思います。

テキサスホールデムポーカーのルール

いきなり細かく解説すると少し難しいので、まずはざっくり説明していきます。

役の強さ

ポーカーの役(ハンド)については、日本で馴染みのものと同じです。

ちなみに52枚のカードのみで、ジョーカーは使いません。

強い










弱い

ロイヤルフラッシュ
ストレートフラッシュ
4カード(フォーオブアカインド)
フルハウス
フラッシュ
ストレート
3カード(スリーオブアカインド)
ツーペア
ワンペア
ハイカード


テキサスホールデムポーカーは、自分の手札2枚(ホールカード)と場のカード5枚(コミュニティカード)の、合計7枚のカードを使って勝負します。

自分のカード2枚と、場の共通カード5枚を組み合わせ、1番強くなる5枚のカードで勝負します。

例えば、あなたの手札2枚(10,8)と、共通カードの5枚(A,♣J,♠K,2,6)を使って出来る最強の5枚の役は何でしょう?

そうです、ハートのフラッシュ(10,8,A,2,6)ですね。

ちなみにプレイヤー1はツーペア(♣A,A,J,♣J,♠K)です。

この場合あなたの勝ちとなります。

基本の流れ

基本的に、1テーブル2人~10人でプレイします。

テキサスホールデムでは、まず最初に2枚ずつカードが裏向きで配られます。

各プレイヤーは自分のカードを確認し、手札(ハンド)に自信があれば掛け金を支払って参加します。

配られた手札が弱かったプレイヤーは、この時点で諦めて降ります(フォールド)。

あなたとプレイヤー4、プレイヤー6が掛け金を支払って参加し、残りのプレイヤーはフォールドしたとします。

ここでは表向きにしていますが、本来は相手のカードは見えません。

参加者が決まると、ディーラは場に3枚のカードを表向きで配ります。

この3枚のカードのことを「フロップ」と言います。

フロップが配られると、ベッティングラウンドに入ります。

この時点で自信があるプレイヤーは掛け金を上げることができ、自信がないプレイヤーはフォールドすることが出来ます。

ちなみに現在、あなたにKのペアが出来ているので一番有利な状況です。

ベッティングラウンドが終わり、4枚目のカードが配られました。

この4枚目のカードのことを「ターン」と言います。

ターンが配られると、再びベッティングラウンドに入ります。

4枚目に♣Aが出たので、プレイヤー4にAのペアができ、最も優勢になりました。

しかし、次に♣クラブのカードが出ればプレイヤー6にはフラッシュが完成します。

あなたは不利な状況ですが、10が出ればツーペア、Kが出れば3カードが出来上がります。

誰もフォールドせず5枚目のカードが配られました。

この5枚目のカードのことを「リバー」と言います。

リバーで10が出ました。

この時点で3人のハンドはこうなります。

あなた K,♣K,♠10,10,♣A
プレイヤー4 A,♣A,♣K,♠J,10
プレイヤー6 ♣9,9,♣A,♣K,10

ただし、この時点ではお互いに相手の手札2枚は見えていません。

ここで最後のベッティングラウンドに入ります。

自分が一番強いという自信があれば掛け金を釣り上げていき、自信がなければフォールドします。

または、ブラフで相手を降ろしに行ったりもします。

ベットが終わると、いよいよショーダウン(カードを開く)です。

あなたのツーペアが1番強い役なので、あなたの勝利となります。

テーブルに集まったマネー(チップ)が全て自分のものになります。

ここまでが、テキサスホールデムポーカーの基本的な流れです。

ブラインドとボタン

テキサスホールデムポーカーには、「ボタン」と「SB(スモールブラインド)」、「BB(ビッグブラインド)」の3つのポジションがあります。

現在、プレイヤー5をボタンのポジションだとしましょう(Dの丸が目印)

そこから時計回りに次の人がSB(スモールブラインド)、さらに次の人がBB(ビッグブラインド)となります。

ブラインドとは「ベースとなる掛け金」のことで、SBとBBはゲーム開始時にそれぞれ強制的にベットする必要があります。

例えば、ブラインドのレートが「$1/$2」のテーブルなら、SBの人は1ドル、BBの人は最初に2ドルをゲームにベットしなければなりません。

そして1回のゲームが終わるごとに、時計回りにひとつずつポジションがズレていきます。

つまり、どのプレイヤーも数回に1回は強制的にブラインドをベットすることになります。

アクションの順番

ディーラーから全員に2枚のカードが配られた、最初のラウンドのことを「プリフロップ」と言います。

「フロップの前」という意味です。

「プリフロップ」→「フロップ」→「ターン」→「リバー」→「ショーダウン」

プリフロップで、まず最初にアクションを起こすのは、BBの次の人(プレイヤー8)です。

この時に出来るアクションは3種類。

コール(Call) 前の人と同じ金額をベットして、ゲームに参加すること。
レイズ(Raise) 前にベットした人より、さらに掛け金を上乗せしてベットすること。
フォールド(Fold) ゲームから降りること。

ブラインドが「$1/$2」だとすると、コールするなら2ドルを支払って勝負に参加します。

もっと強気で行きたい場合は、レイズをします。

レイズする際は、すでにベットされている額の2倍以上をベットする必要があります。

この場合はBBが賭けている2ドルの2倍以上なので、4ドル以上をベットすればOKです。

覚えなくても良いですが、最初にアクションするポジションのことをUTG(アンダーザガン)と言います。
このポジションは、他のプレイヤーの強さが全く分からない状態で行動を決める必要があるため、最も不利とされています。UTGは「銃を突きつけられている人」という意味。

プレイヤー8がコールして、プレイヤー9はフォールドしました。

あなたの番なので、試しにレイズしてみましょう。

さっきまでの2倍の4ドルにレイズしてみます。

次はプレイヤー1の番ですが、ここからはコールするには4ドル支払う必要があります。

自信がなかったので、プレイヤー1~5はみんなフォールドしたとします。

プレイヤー6(SB)は、そこそこ良い手札が来ていたのでコールしました。

SBは最初に1ドルを払っていたため、3ドル追加すれば参加できます。

プレイヤー7(BB)は、手札が弱かったのでフォールドしました。

フォールドした場合、すでに払っていた2ドルは返してもらうことは出来ません。

一度場に出されたチップは、全て最終的な勝者のものとなります。

さて、アクションが1週してプレイヤー8に戻ってきました。

ここで出来るアクションは3つです。

コール(Call) ここでは2ドル追加して4ドルをベットすれば参加できる。
レイズ(Raise) 前回レイズされた額と同額以上を上乗せする必要があります。前回のレイズ額が2ドルだったので、さらに2ドル上乗せし6ドル以上にすればOK。
フォールド(Fold) すでに支払った2ドルを捨てて降りる。

プレイヤー8は2ドルを追加してコールしました。

プレイヤー9は降りているので次はあなたの番ですが、あなたは先ほど4ドルにレイズしましたよね。

テキサスホールデムでは、1回のラウンド内で同じプレイヤーが連続でレイズすることは出来ません。

それが出来るとキリがないですからね。

ただし、自分がレイズした後に、さらに誰かがレイズ(リレイズと言います)した場合のみ、自分のターンにさらにレイズで返すことが出来ます。

今回の場合は、誰もレイズしなかったので自動的に次へ進みます。

プリフロップが終了し、ディーラーはチップを一カ所に集めました。

このチップの山のことを、ポット(Pot)と呼びます。

ここまで残ったプレイヤー3人で、このポットのマネーを賭けて争うことになります。

さて、フロップのカード3枚が開かれました。

フロップ以降は、SBからアクションを開始することになります。

この時できるアクションは2つです。

ベット(Bet) まだ誰も賭けていない状態でベットすること。1BB(2ドル)以上からベットできる。
チェック(Check) 何もせずパスすること。この時点では弱くてもフォールドする必要はない。

SBが6ドルベットして来ました。

ここでプレイヤー8はフォールドし、あなたの番になったとします。

いま出来るアクションは、6ドルにコールするか、2倍の12ドル以上にレイズするか、フォールドするかの3択です。

フロップを見ると、実はすでにストレート(9~K)が完成していますね。

なので、強気で15ドルにレイズしてみましょう。

あなたのハンドが強いと見て、SBはここでフォールドしたとします。

この時点であなたの勝利が確定です。

「14+6+15=35ドル」があなたの収入になります。

これで1ゲーム終了、ポジションをひとつずらして次のゲームを開始します。

今回はフロップで決着がつきましたが、ターン、リバーでも基本的に同じ流れを繰り返すことになります。

その他の細かいルール

今まで説明したのは、テキサスホールデムポーカーの最も基本の部分です。

ここからは、もう少し詳細のルールについて解説します。

アンティについて

SBとBBがそれぞれブラインド(強制参加料)を支払うというのは先ほど話しましたが、ポーカーのテーブルによっては、これに加えて全員がアンティを支払う場合もあります。

例えばブラインドのレートが「$1/$2」のテーブルに9人参加しているとします。

この場合、最初にSBが1ドル、BBが2ドルを場に出しますが、それとは別に全員が0.2ドル程度のアンティを支払います。

0.2ドル×9人=1.8ドルがアンティとして集まったので、ブラインドの3ドルと合わせて4.8ドルのポットが出来ました。

つまり、勝者は最低でも4.8ドルは手に入れることができるわけです。

アンティの有無や金額はテーブルによって違いますが、基本的にアンティが高い方が積極的にコールやレイズをする人が増え、チップの動きが大きくなりやすいのが特徴です。

オールインについて

オールインとは、自分が保有するチップを全額ベットすることです。

最初のプリフロップの段階でも、最後のリバーの段階でも、自分のターンであればいつでもオールインすることが出来ます。

日本のポーカーでは、「相手のベット額に対して自分の資金が足りなければ負け」のような理不尽なルールがありますが、本来はそういうことはありません。

海外のポーカーでは、自分の資金が足りない時はオールインすることが出来ます。

例えば、現在5枚目のリバーを開いたところで、AさんとBさんの2人が残っているとします。

すでにポットには100ドル集まっていて、ここでAさんが80ドルをベットしました。

Bさんは50ドルしか持っていなかったので、全額をオールインします。

結果は、Bさんが勝利しました。

AさんはBさんより30ドル多くベットしていたので、その30ドルはAさんに返金されます。

Bさんは、ポットにあった100ドルと、Aさんの50ドル、自分の賭けた50ドルの合計200ドルを受け取ることが出来ます。

レーキについて

レーキとは、ポーカーの運営側(ハウス)が受け取る手数料のことです。

基本的に、ゲームで得た勝利金の5%程度をレーキとして運営に支払うことになります。

また、トーナメントの場合は参加費の一部がレーキとしてハウスに支払われます。

オンラインカジノによっては「レーキバック」という仕組みもあり、これは支払ったレーキの一部が再度プレイヤーに還元されることです。

テキサスホールデムポーカーの種類

ここまで説明したルールは、テキサスホールデムポーカーの中でもノーリミットというものです。

ノーリミットテキサスホールデム(No Limit Hold’em)が最もメジャーで人気のあるゲームですが、他にもいくつか種類があります。

例えばリミットテキサスホールデム、ポットリミットテキサスホールデム、ミックステキサスホールデムなどがあります。

これらは簡単に言うと、先程のルールにベットの金額や、レイズの回数などが制限されたバージョンです。

オンラインポーカーでは、ノーリミットホールデムを略して「NLH」と表示されます。

また、ゲームの形式にはキャッシュゲームとトーナメントの2種類があります。

キャッシュゲーム

キャッシュゲームとは、直接マネーのやり取りをするゲームです。

テーブルによって、ブラインドのレートやアンティの有無、バイインの金額などが違います。

レート 低レート「$0.01/$0.02」くらいから、高レート「$200/$400」くらいまで幅広いテーブルがある。
アンティ アンティがないテーブルもある。金額もそれぞれ違う。
バイイン そのテーブルに参加する際に持ち込む軍資金。「$20~$100」のようにバイインが設定されている。

キャッシュゲームは、1回ごとにリアルマネーをやり取りするため、いつでも参加でき、いつでも自由に退室できます。

オンラインポーカーでは、各テーブルの観戦もできるので、弱そうなプレイヤーを探してテーブルに着くことも可能です。

強い人が安定して稼げるのはキャッシュゲームなので、トーナメント参加者よりも全体的に上手な人が多いのが特徴です。

基本的に高レートになるほど、強いプレイヤーが多くなります。

トーナメント

トーナメントではキャッシュゲームと違い、毎回ではなく最初に参加料を支払います。

参加が決まると、全員が同じ額の開始チップ($3,000や$10,000のゲーム内マネー)を受け取り、ゲーム開始です。

トーナメントのルールは、自分のチップが全てなくなると脱落、最後まで生き残ったプレイヤーから1位、2位、3位と順位が決まります。

上位入賞することが出来れば、それぞれの順位に応じた賞金を獲得することが出来ます。

またトーナメントでは、ブラインドやアンティのレートが一定時間ごとに上昇していきます。

最初の内はレートが「$10/$20」のように低く脱落する人も少ないですが、終盤になると「$5,000/$10,000」のような高レートになるため、決着がつきやすくなります。

トーナメントは初心者でも参加しやすく、中級者~上級者にも人気があります。

負けなければ何時間もかかる大会が多いので、予定がない時に参加しましょう。

オンラインでポーカーが遊べる

テキサスホールデムポーカーは海外のカジノに行けば遊べますが、日本ではリアルマネーでプレイできる場所はありません。

しかしオンラインポーカーなら、本場と同じようにテキサスホールデムポーカーを楽しむことが出来ます。

日本語にも対応しており、日本人プレイヤーもたくさんいるので、初めてでも安心して遊べますよ。

その中でもおすすめは、PokerStars(ポーカースターズ)というサイトです。

POKER STARS

ポーカースターズは、世界で最も人気のある、オンラインポーカー界の老舗ブランドです。

日本人ユーザーも多く、日本語でのサポートも充実しているため初心者にも人気があります。

オンラインポーカーのサイトは他にもありますが、ユーザー数や遊べるテーブル、開催されるトーナメントの数が圧倒的に少ないので、あまりおすすめしません。

オンラインポーカーを始めるなら、ポーカースターズ一択と言って良いでしょう。

当サイトから公式ページに行き、初回入金時にボーナスコード「THIRTY」を入力すると、30ドルの無料ボーナスがもらえます。

または、ボーナスコード「STARS600」を入力すると、最高600ドルの100%入金ボーナスがもらえます。

入金はクレジットカードや、ecoPaysの口座があれば簡単に入金できます。

ポーカースターズで遊んでみたいという人は、公式サイト右上の「今すぐ参加」から登録を行ってください。

ポーカースターズ公式サイトを見る

登録するだけで無料のプレイマネがーもらえるので、まずは無料で遊んでみるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました