サムライクリックが稼げる5つの理由|報酬が高く収益を上げやすい今がチャンス

「サムライクリックが稼げる」って聞いたけど本当?

オンラインカジノアフィリエイトの始め方について知りたい!

このページでは、サムライクリックが稼ぎやすい理由や、サムライクリックのやり方、実際に稼ぐためのコツについて解説していきます。

オンラインカジノは、これから必ず日本での市場が大きく伸びるジャンルです。

まだライバルが少ない今のうちにアフィリエイトを始めて、将来のビッグマネーを掴み取りましょう。

【関連】サムライクリック公式サイトはこちら

【関連】オンラインカジノのマルチ詐欺に注意

サムライクリックが稼げる5つの理由

サムライクリックがアフィリエイトASPの中でも特に稼げる理由は次の5つです。

・提携カジノが多い
・報酬が高額
・ずっと収益が続く
・成果が出しやすい
・まだライバルが少ない

提携カジノが多い

サムライクリックは、提携しているオンラインカジノの数が最も多いASPです。

ベラジョンやインターカジノ、カジ旅など人気カジノはほとんど揃っているので、多くのアフィリエイターが、まずはサムライクリックに登録します。

当サイト(オンカジJP)もサムライクリックの広告を多く使用しており、必要に応じて他のカジノとも個別契約しています。

サイトは海外にありますが、日本語なので安心して利用できるのも長所です。

オンラインカジノを扱っているASPは他にもありますが、紹介できるカジノが2~3サイトしかなかったり、全て英語でやり取りする必要があったりと、慣れるまで難しいので最初はサムライクリックを使うのがおすすめです。

報酬が高額

日本の一般的なアフィリエイトと違い、サムライクリックの報酬は固定ではありません。

カジノに登録した人が使った金額の20~50%程度の金額が、報酬として紹介者に支払われます。

つまり、アフィリエイトで紹介したのがたった一人でも、その人が10万円負ける(カジノ側に10万円入る)と、紹介料として2~5万円の報酬が自分に支払われるということです。

ちなみに紹介した人がカジノで勝って稼いだ場合は、形式的にはマイナス報酬という扱いになります。マイナス報酬の状態だと、当然ですが自分にはお金が1円も入ってきません。

ただし、マイナス報酬だからと言ってカジノ側にお金を取られることは全くありません。あくまでその月の収入がゼロになるだけなので安心して下さい。

ずっと収益が続く

サムライクリックが何より凄いのは、紹介した人がカジノで遊び続ける限り、半永久的に収益が受け取れることです。

普通のアフィリエイトだと、報酬がもらえるのはサービスや商品が購入された時の一度きりですよね。

そのため、安定した収益を得るためには継続的に新しい成果を生み続ける必要があります。

しかし、オンラインカジノアフィリエイトでは、紹介した人が毎月カジノでプレイしてくれれば、それだけで安定した収益を得ることが出来ます。

ということは、自分のサイトからの登録者を毎月増やしていけば、報酬は雪だるま式に増えていくということです。

成果が出しやすい

サムライクリックが稼ぎやすい理由には、成果が出しやすいこともあります。

これだけ報酬の条件が良いと「簡単には稼げないのでは?」と思うかもしれませんが、実はオンラインカジノの登録者はかなり増やしやすいです。

なぜなら、登録ボーナス(入金不要ボーナス)があるからです。

サムライクリックでは、各カジノごとに様々な入会特典が用意されていますが、その中でも登録するだけでもらえる入金不要ボーナスは特に人気です。

簡単な登録さえ済ませれば、30ドル~40ドルのリアルマネーがもらえることに加え、もし増やせれば出金も可能です。

ノーリスクで大金がゲットできるかもしれないので、ギャンブルが好きな人なら高確率で登録してくれます。

登録してもらえれば、今度は初回入金ボーナスなどの特典もあるので、入金してくれる人は結構いるんです。

このように登録→入金へのハードルが低いので、成果を出しやすいのが特徴です。

【参考】オンラインカジノの登録ボーナスまとめ

まだライバルが少ない

オンラインカジノのアフィリエイトは、これほど条件や報酬が良いにも関わらず、まだライバルが少ない状態です。

もちろん、サムライクリックでアフィリエイトをしている人は沢山います。

しかし、他の稼げるジャンルと比べると、はるかにサイトやブログの数が少なく、競合サイトもそこまで強くないため上位表示しやすいです。

私は当サイトの他にも、動画配信サービスやマッチングアプリ、投資(FX)などのジャンルでサイト運営の経験がありますが、どれも競合サイトが多すぎて上位表示するのは至難の業でした。

それに比べると、オンラインカジノのアフィリエイトはかなり稼ぎやすい部類だと思います。

私の推測ですが、オンラインカジノのアフィリエイトがそこまで浸透していないのは、オンラインカジノに対してまだ怪しいイメージを持つ人が多いからだと思います。

確かにオンラインカジノはグレーな部分はありますが、だからこそ参入者の少ない今が絶好のチャンスだと思います。IR推進法に伴い、日本でも近いうちにカジノが正式に合法化されるでしょう。

カジノが解禁されれば、オンラインカジノのユーザーは爆発的に増えるでしょうし、アフィリエイトに参入する人数も跳ね上がります。だからこそ、ライバルの少ない今がチャンスなのです。

【参考】オンラインカジノは違法?それとも合法?

 

サムライクリックのやり方

まずはサムライクリックに登録しましょう。

サイト右側の「新規会員登録」から簡単に登録できます。

※スマホの場合は右上のメニューから。

サムライクリック公式サイトはこちら

ちなみに、初期費用やその他の費用は一切かかりません。

自分のサイトやブログ以外でも、ツイッターなどのSNSからアフィリエイトを行うことが出来ます。

新規会員登録をクリックすると、次のような画面になります。

メールアドレスと任意のパスワード、名前(カタカナ)を入力し、登録するを押します。

すると登録したメールアドレスに新規登録のご案内というメールが届くので、メールにある認証URLをクリックして下さい。

これで登録完了です。

登録したメールアドレスとパスワードは忘れないようにしましょう。

自分のブログやホームページがまだない人も、1分で登録できるので先に済ませておくと良いでしょう。

サムライクリックに登録する

 

サムライクリックで稼ぐコツ

サムライクリックでオンラインカジノを紹介するなら、ある程度の知識と経験は必要です。

今までオンラインカジノをやったことがない人は、無料ボーナス分だけでも一度プレイしてみましょう。

運が良ければ、ノーリスクで数万円はふつうに稼げます。

ついでに登録の際にスクリーンショットを撮っておけば、後で記事を書くときに便利です。

日本の人気オンラインカジノランキング【2021年】安心して遊べるオンカジを厳選紹介!
オンラインカジノを安心して遊ぶには『どこに登録するか?』がとても重要です。人気のないマイナーなカジノの中には、無許可...

ちなみに登録ボーナスがもらえるのは、当サイトのようにサムライクリックと提携しているアフィリエイトサイト経由で登録した場合のみで、直接カジノのページから登録しても受け取れません。

また、オンラインカジノは自己アフィリエイト(セルフバック)は禁止されているので、残念ながら自己アフィリは出来ません。

【関連】登録ボーナスの条件が良いオンラインカジノ

 

サムライクリックの広告取得方法

サムライクリックで広告を取得するためには、「マイアカウント」→「媒体管理」へと進み、広告媒体を登録する必要があります。

ブログ以外にも、メルマガ、動画、SNS、その他という項目が選択できます。

Webサイト名とURLを入力して、簡単な説明文を入力後、Webサイトを登録をクリックして下さい。

※何かひとつは媒体を登録しないと、広告取得できないようになっています。

サムライクリックの審査について

媒体登録を申請すると、サムライクリックから媒体申請受付というメールが届きます。

1週間程度で審査の結果をお知らせしますという内容が書かれていますが、当サイトの場合は2日後に登録完了のメールが届きました。

審査とはありますが、私が調べた限り審査に通らないことはほぼないようです。

実際にこのサイトも、まだ2記事ほどしか投稿していない時に申請を送りましたが普通に承認されました。

広告リンクを取得する

媒体が登録できたら、広告取得が出来るようになります。

メニューの「アフィリエイトプログラム」から「ゲーミングサイト一覧」を選択し、リンクが欲しいカジノの「詳細を見る」をクリックします。

すると、カジノの詳細が記されたページに移動します。

一番下までスクロールすると、登録媒体一覧という項目が出てきます。

「ーー選択してくださいーー」というタブから、自分のWebサイトを選択し、「取得する」というボタンをクリックします。

下の画像のように「リンク取得済」という表示が出れば、自由にリンクが貼れるようになります。

「広告を取得する」から好きなバナーを選択し、自分のサイトに貼り付けて下さい。

フリーリンクなら、URLをコピーして自由なテキストや画像に貼り付けることが出来ます。

正しくリンクできているかを確認するには、自分のサイトの広告をクリックし、サムライクリックのレポートに反映されているかをチェックしましょう。

タイトルとURLをコピーしました